1. 無料レンタル
デビの不規則な日記
ゲームのプレイ日記などをメインに、実際は誰得?な事をひたすら書いていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スイートプリキュアの映画(とりもどせ!心がつなぐ奇跡のメロディ♪)を観て来ました
スイートプリキュアの映画(とりもどせ!心がつなぐ奇跡のメロディ♪)を観て来ました
観に行った映画館は、ワーナーマイカル広島です。
ここの立体駐車場で迷ってしまいました。
車は8Fに置けとのことで、上の階に上がろうとしたんですが、上がる進行方向が分からなかったです。

席取り
001_1_20111106203418.jpg
いい席で見る事が出来ました。
一番後ろの席ですが、横の列は真ん中です。
見やすいポジション

映画が始まる待ち時間は少しウロウロしたり、写真撮影でもしつつ待ちます。
005_1_20111106203418.jpg
スウィートになってました。○スイート、×スウィート

006_1_20111106203418.jpg
ちなみに今日ですが、キュアメロディが来る予定でした。

映画観で買ったのは、パンフレットだけです。
003_1_20111106203418.jpg


長い前置でしたが、ここから映画の本編を少しだけ書いていきますので
ネタバレを含むのでそういうのが嫌な場合は下は見ない方が良いです。


いきなりメフィストが奏の部屋の窓から侵入しようとして警察に捕まる
日本じゃ逮捕のレベルかな
話があったのは、奏太なので人違いだったんだけれども


話というのは、メフィストとアコが共にメイジャーランドに帰る(引越し)という重い話題
友達の引越しって辛いですよね。小学生の頃によく経験しました。
アコもアコで、メフィストを元に戻す事が目的だった為、もうプリキュアになる必要もないから。
と、別に加音町にいる理由も無いようなね

ハウリングがメイジャーランドにやった仕業が加音町にまで影響を及ぼし、プリキュアとメフィストはメイジャーランドへ

メイジャーランドの住人が石化してるのかと思ったけど、石化では無くドラクエ5の奴隷のような魂が抜けたような風に変わってた。
それをやったのはアフロディテだと知り、響・奏・エレン、アコとメフィストの2グループで分かれる。
この時点で、キュアミューズVSアフロディテがありそうな予感だったけど

アコとメフィストがアフロティテは悪でした。
目つきなんかも、無表情というか
アコは捕らえられ、メフィストが必死に助けようとする。
これはするかな、自分でも


響グループは、アフロディテがよこしたメイジャー3と出くわし
映画クオリティの変身タイム
手錠で結ばれたキュアメロディ&キュアリズムVSネガトーン
キュアビートVSメイジャー3

一時休戦後
それぞれ、プリキュアVSメイジャー3の怪人

メイジャー3の青が雷使ってた。
雷属性出てきてほしいのに、敵としてしか出ないのかな~

メイジャー3は変身出きて、3年ぶりに敵幹部の存在?が怪人化した。
スイート本編ではバスドラとか人間から怪人に変わったけど、今度は怪人になるのかな

でもメフィストとアコの歌の力で、プリキュア側がパワーアップ
一気にぶっちぎりの強さでメイジャー3倒す。

今度の敵はアフロディテ
の体内に閉じ込めたハウリング
アフロディテに閉じ込めたハウリングを、この剣で私ごと殺せとメフィストに剣を授けるアフロディテ
このままメフィストが、アフロディテをやればハウリングも同時に倒せ、平和は戻る
もちろん、そんな事は出来ないメフィスト

だけどメフィストの行動で、アフロディテの体内に閉じ込めたハウリングを体内から放出
キュアミューズを除く3人のプリキュアVSハウリング
プリキュアの攻撃は全く通用せず、キュアミューズも戦う決心をして、変身
4人の力でもハウリングが強すぎた。
こんなにどうしようもない絶望感のあるプリキュアは、GOGO以来なんで久しぶりに絶望を見たよ。


リズムはハウリングに捕らえられ、メロディはハウリングの攻撃をうけ、生死の境をさまようレベルになるダメージおったのに
クレッシェンドトーンキュアメロディ、まだ立てますね?さあプリキュアを超えたプリキュアになるのです
死んでるようにも見えてしまうのに、まだ立てる力残ってるのか?
クレッシェンドトーンの言葉を聞いて、超サイヤ人を超えた超サイヤ人というのを考えてしまった人は何人いただろうか

まあこの頃(スイートプリキュア29話)には、超サイヤ人のようなオーラがあったし
171.jpg

172_20111106203452.jpg
プリキュアに変身後の超サイヤ人のオーラVer

この映画は、それを更に少し進んだ36.5話なので、29話以降にも強さは上がってるから
この間にでも、超サイヤ人を超える事も可能ですね

以下パンフレットから抜粋
どんなに苦戦してもあきらめなかったメロディの強く美しいこころにクレッシェンドトーンがこたえ
クレッシェンドキュアメロディが誕生!!


けど、クレッシェンドメロディの変身は解け、最期は普通のキュアメロディに戻ってました
エネルギー消費がでかいんですかね?一発の必殺技で変身解けるんだから

通常キュアメロディに戻った状態で、最後はスイートセッションアンサンブル・クレッシェンドでハウリングの終わり
平和が戻った。


アコは加音町に残り、映画の最初の引越しのような物は無くなった。
そこまでは、映画内ではやりませんでしたけど


今回はプリキュアピンチ→ライトで変身(パワーアップ)→すぐ決着がつく
という風にはならずに、その後も結構戦闘しました。
旧作→初代~GOGO、準新作→フレッシュ・ハートキャッチ、新作→スイート
単品作品映画ではスプラッシュスターを除く旧作以来の、戦闘描写の多い映画でした。
36.5話という設定を表に出した映画だったので、そこが何だかなあと思ってましたが、
そんな事は全く微塵にも感じさせず、全てを含めてごまかし無く面白かったです

これを後でDVDかブルーレイ買って視聴した時に、映画観に行けば良かったかも知れないと思ってたかもしれません。
ちなみにキュアミューズは、GOGO映画のお菓子の国のミルキィローズとそれ程違わないくらいの出番でした。
一人変身や4人必殺技は除いて



ネガトーンは除いて、敵が強かったです。
メイジャー3の人間の時点で、つえーのレベル
怪人化でめちゃつえーのレベル
フレッシュ以降のプリキュアで久しぶりに敵が強すぎるというのを見た。

まぁ36.5話だし、まだファルセットはハウリングより強いんだろうから
そのファルセットより数段上であろう、ノイズもいる
だからメイジャー3の上にハウリング、ハウリングの上にファルセット、ファルセットの上にノイズ
上には上がいるねー
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
太陽熱発電のメリット・デメリット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。