1. 無料レンタル
デビの不規則な日記
ゲームのプレイ日記などをメインに、実際は誰得?な事をひたすら書いていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スイートプリキュア_35話
スイートプリキュア_35話
「ジャキーン!遂にミューズが仮面をとったニャ!」
今回は面白かったので、見終わった後もう一度見ました。
要は2連続視聴です♪

前回メフィストをかばい敵か味方か!?という描写で終わったけど、今回でミューズが黒服を脱ぎ、仮面を外した。
7月8月あたりは、時期で言ってもしょうがないけど
ミューズ全く出番が無いってくらいだったけど、ようやくミューズに再スポットが当たり始めた。


今回は好きなセリフが良くありました。
良かったセリフを色を変えてみました。
プリキュアカラーとは別に合わすという事はしてないので、あしからず

【良かったセリフ集①】
メフィストの出したネガトーンと戦う前に言った
エレン「もし、またミューズがメフィストをかばったら」
響「それでもネガトーンは倒さなきゃ
エレン「んっ」
奏「ふっ」
三人「私たちの力でみんなを守る」

この響にはしびれました。


【良かったセリフ集②】
メフィスト「手ぬるいぞ、ネガトーン!貴様にはまだ悪の心が足りないようだな。ふっ」
メフィストがネガトーンに光線を飛ばす
ネガトーン「ネガー」
そしてネガトーンの目が更に怒りモードに
ネガトーン「ネーガッ」

キュアメロディ「メフィストの光線で悪の力が更に増した
キュアリズム「メフィストはそんな事も出来るの
キュアビート「はっそういえば、私の時も
回想
ネコのエレン「私はハミィを信じます」
メフィスト「ならばこれだ」
回想終了
キュアビート「元に戻りかけた私の心をもう一度悪に染めたのは、あのヘッドホンから聞こえた嫌な音だった
キュアメロディ「ちょっと待って。エレンの心を悪に染めたヘッドフォンをメフィストがしてるって事は
キュアビート「はっ!?」
キュアメロディ「メフィストも何者かによって悪に染められてるのかもしれない
キュアリズム「メフィストを操る更なる悪。だとしたら
キュアビート「本当の敵はメフィストじゃない

色を変えた辺りのセリフはBGMの後押しもあり、見ててゾクゾクしました。



ネガトーンを倒した後、ハミィが油断してメフィストに音符を取られ、メフィストが吸収
1_20111016230351.jpg
メフィストパワーアップ
この展開、プリキュア5GOGOまでのプリキュアなら、確実に殺られそうですね
意識は残ってるし、それは無いかもしれませんがね

今回はアコを見て頭痛が起き、空に飛んでいきましたけど
GOGOまでのプリキュアなら、上にも書きましたがメフィストは死んでもおかしくない展開でした。



展開少し戻して
2_20111016230351.jpg
キュアミューズがコスチュームを脱ぎ飛ばした。
一気に脱げる物なのね。

3_20111016230350.jpg
キュアミューズの中身はアコ。だから小さかった。
スイプリ当初からアコは灰原哀と似た雰囲気があって年齢詐欺してそうだったし、やっぱりそうだったかと思いました。
もちろん気付いて無い人も自分の周りにいました。

これで小学生のプリキュアが初登場
4_20111016230349.jpg
キュアミューズはメロディ、リズムより数段強かった存在だった訳だけど
今回は中学生が小学生に負けるようです。
それにキュアミューズの時は背が高かったので、ミューズの靴は厚底?で大きく見せてただけだったんですね



物語がこれまでに無いぐらい盛り上がってきましたね。
今日のはスイート始まって一番盛り上がりを見せた回だったと思います。
でも次あたりからまた落ち着きそうですね。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
太陽熱発電のメリット・デメリット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。