1. 無料レンタル
デビの不規則な日記
ゲームのプレイ日記などをメインに、実際は誰得?な事をひたすら書いていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春日野に行って来ました
春日野に行って来ました

春日野。といえばキュアレモネードこと、春日野うららですよね?
418.jpg
名前的にも行ってみたいとは思ってたんですが、うららとは関係無しに
もう一つの理由として、前にテレビのCMで見て、いい所そうだったから行ってみたいというのもあったから
という訳で今回はうららと一緒に行って来ました
カテゴリはプリキュアと関係のある地域では無いですが、漢字も同じという事で
プリキュア関係の舞台探訪に入れさせていただきます


春日野の最寄り駅は安芸長束駅らしいので、安芸長束まで行き徒歩
しばらくは山本という地名なんですが、次に山本新町、更にその次が春日野になります(多分)

ちなみに団地なので、どんどん登って行きます
登っていく最中に幼女を結構見たんですが、幼女がピンクのカバンを持ってて、何のカバンかな?
と見るとフレッシュプリキュアのカバンでした

こういうのを見ると、プリキュアは確実に幼女世界を支配してるように見えてしまうのでした
でもそういう幼女が各プリキュアの最終バトルのバルデス、ゴーヤーン、カワリーノ、館長戦などを見ても
凄さは全く理解不能だろうな~といつも考えてしまう


話を戻して、駅から徒歩数十分して、ついに春日野の文字が
008_20100528181449.jpg
予定では春日野に到着まで、安芸長束駅から春日野の頂上付近まで徒歩55分を目安にしてたので、意外と早い到着でした
頂上までまだまだありますが、ここの地点でも、もう春日野らしいです
バス停の名前がそういう名前なのだから、そうに違いない

上のバス停を見つけて、更に登っていくと、春日野下やら春日野南とか出てきます
001_20100528181435.jpg
画像は春日野下のバス停
そこらじゅうに監視カメラ24時間作動中という看板があったり、人が回りに見えるだけでも一人は最低でもいて
撮影しづらかったので他のバス停の撮影は止めました

更にどんどん登っていくと、春日野中央公園というのがあったので、いい記念になりそうだったので撮影
007_20100528181450.jpg

キュアドールのうららと、プリキュアドール2のうららもいっしょに撮影♪
005_20100528181433.jpg
横にカバン置いてたー

006_20100528181450.jpg
こういう風にドールやフィギュアを持って旅して、何かをバックに撮影してるのを
ネットで見る事がたまにあって、いいな~と思ったので、今回は自分でもやってみました

ここで撮影しようと、人がいなくなるのをしばらく待ってたんですが、中々人がいなくなってくれなくて
撮影前にこの辺りをずっと数十分は立っていただけという状況になって、周りの人に不審者のように見られたかもしれないな
結局人がいなくなるのと、車がいなくなるのを待つ事20分くらいで撮影が出来ました


春日野中央公園の頂上というか、この公園で一番高い所
002_20100528181434.jpg
まだ春日野というのが出来たばっかりなはずなので、綺麗でした

上の画像より少し横にずれて撮影
003_20100528181434.jpg

004_20100528181433.jpg
歩道がトラックみたいになってるので、走るにはもってこいですね
こういう場所が近所にあったりしたら、タイムも計れるしいいな~と思いました
1周の距離は200Mは、ギリで無いかなというところ

今回は、この春日野中央公園の撮影を終わらしたら、帰りました


春日野はいいところですね
春日野への出入り口が少ないので、住むのは大変だと思いますが
毎回この道(坂)を通らないといけないというのがね


行き帰りの上り坂と下り坂があるんですが、走れない程ではないくらいの坂でした
歩くのが苦手でどうしても、毎回どこかに行くと道中走ってしまう

今回も行きの登りは少しだけ走り、帰りの下りは適当に走りました
帰りはほとんどが下りなので、走るのを止め時が分からなかったです。いつまででも走ってしまうみたいな
でも走ってたら、足の筋肉がゴニョゴニョ妙な感じがしたんで、今回の所は走るのを止めました
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
太陽熱発電のメリット・デメリット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。