1. 無料レンタル
デビの不規則な日記
ゲームのプレイ日記などをメインに、実際は誰得?な事をひたすら書いていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
錦帯橋
今日朝寝から起きたら、神雀さんから錦帯橋に行かないか?というメールが携帯に来てた
朝寝から起きたのが13時頃だったんで、出発は遅くなったけど、錦帯橋に行ってきた

五日市駅から山陽本線岩国行きに乗って岩国まで向かってたら、新しく駅が出来てた
003_20080403205009.jpg

和木なんて駅知らなかった
という事を置いといて、岩国到着→岩徳線に乗り換えて川西駅で下車
川西駅からは徒歩で目的地へ

034.jpg

川西駅を出たらすぐ見えたはずの看板
どうやら錦帯橋まで1kmらしい
またしばらく歩いてたら、錦帯橋への道しるべ看板
005_20080403205014.jpg

しばらく歩いたつもりだったけど、どうやらまだ1kmらしい

途中橋があったんで、渡る前に撮影
006_20080403205019.jpg

影が映ってる

錦帯橋に着く少し手前の道で撮影
010_20080403205024.jpg

011_20080403205029.jpg



013.jpg

錦帯橋の手前

014_20080403205039.jpg

錦帯橋の奥


015_20080403205042.jpg

到着


記念撮影
032_20080403223036.jpg

取り合えず目隠しは恒例で

撮影した後は錦帯橋を渡ろうとしたら、通行料金を払わないといけないのは知らなかった
300円払って、橋を渡る事を始めた
橋の足場が悪い事に気付かずに歩いてたら、躓いた
足場見たら、橋に僅かな段差があった

橋から撮った物
019.jpg

こうやって見たら桜が結構咲いてるように見えるけど、まだそこまでは咲いては無かった

020_20080403205056.jpg

021_20080403205101.jpg

屋形船?

錦帯橋を渡り終えて、どこに行こうかと話して、白蛇見に行くかという事になって、見物
白蛇のいた小屋で白蛇を見たら小屋を出ようとしたら、「すもも」「みかん」とか
全部で4匹くらい?書いてあったけど、全部女の子の名前みたいなのばっかだった

白蛇を見終わって、今度はどこに行くかなと話してて、時間と金があまり無いんで、取り合えずアイスを食べる事に
本当は錦帯橋を渡ってすぐ食べようと思ってたけど、人が結構並んでたんで、後回しにしてたので

でも今度は結構人が空いてたんですんなり買えた
027_20080403205109.jpg

左→デビのお茶漬け
右→神雀さんのわさび

お茶漬けは、おいしいという人と、まずいという人に分かれるらしい
特にあられにお茶漬けの味が染み込んでた。味はおいしかった

むさしを紹介してるとこ
http://cucan-japan.com/myalbum4+photo.lid+13.htm

アイスを食べ終わった後時間見たら、本来帰る予定の電車の時間に間に合いそうに無かったため、少しだけ時間潰しと見せかけて
028_20080403205113.jpg

029.jpg
佐々木小次郎を見てきた

ざっと小次郎を見て、今度は石人形ミニ資料館に行って、ミニ石人形を見てきた

それから少し花見するか?という事にして
デビは焼きそば、神雀さんは甘酒を買って、花見という休憩食事タイム

休憩後に少し歩いてた時アップで撮影
030_20080403205125.jpg


時間が中途半端に余裕があるんで、みやげ店を見て回った
036_20080403205144.jpg

デビの買ったのはこのキーホルダー。錦帯橋全く関係ねぇぇぇぇ
何で錦帯橋でこのキーホルダー?と思うけど、一目見た瞬間買おうと思った
剣→剣が好きだから
ドラゴン→これ見た瞬間「青き玉と赤き玉、重なり合う時偉大なる力が・・・」というのを思い出してしまった
                 
みやげ店で時間を潰し過ぎて、電車の時間に間に合うかが分からなくなってきたんで帰り道は急ぎ足で帰った
電車の時間にまにあって、岩国で再び乗り換えて、五日市まで帰った所で電車内で別れて家まで帰った

岩国の観光ページ
http://www.iwakuni-kanko.jp/
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
太陽熱発電のメリット・デメリット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。