1. 無料レンタル
デビの不規則な日記
ゲームのプレイ日記などをメインに、実際は誰得?な事をひたすら書いていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドキドキ!プリキュア_7話「ギリギリの戦い!さらば、プリキュア!!」
サブタイトル「ギリギリの戦い!さらば、プリキュア!!」

今回はトランプ王国、キュアソードの過去、キングジコチュー率いるジコチュー軍団なんかが明らかに
前回の最後でベールに落とされて、辿り着いたのはトランプ王国

トランプ王国で気が付いたマナ達の前に早速キングジコチューのお披露目
サイズは当然でかい。DQMでいうとこのギガボディ

2_1_20130318231251.jpg
ジャアクキング、アクダイカーンのようなどっしり構える大ボスで強大な敵らしくて良い
10年目という事で初心に帰るみたいに、初代を思い出すかのようだ
動いたり喋ったりするのが楽しみな存在
1_1_20130318231251.jpg
顔だけなら大邪神アブラームを思い出した


NS2のサントラに収録されてた、影の暴走とか、最後の攻防なんかはイメージはキングジコチューかな
普通に使えそうなBGMだと思うけど。


そのキングジコチューは今はトランプ王国王女の力で石化して眠っているらしい。

でも今キングジコチューと一戦を交えないのは、まだドキドキ!の4人で相手をするのは早いからとか
ハート、ダイヤモンド、ロゼッタの3人は特にプリキュアの経験を積まないと、相手にならないという事情からだったりするのかな?
力のバランスがおかしくならないように、そういう事情があっての事だろう
でもこれは、キングジコチューを倒す絶好のチャンスではあるんですよね


キュアソード
剣崎真琴の姿は、マナ達の世界で暮らす仮の姿であって、キュアソードが本来の姿なのか
王女と普通の会話してるのもキュアソードのままだし、回想のトランプ王国で変身を解いてるシーンは無いので
これが本来の姿なのだろう
3_1_20130318231250.jpg
私はキュアソードとも言ってるし


平和だったトランプ王国にキングジコチュー率いるジコチュートリオがやってきた
王女が先陣を切って戦う
さすがに王女とあって強さは伊達じゃなく、ジコチュー化した瞬間に一撃で浄化なんてのもやってのける程
4_1_20130318231250.jpg
王女は望みを託して、シャルル達3匹を鏡の扉へ
王女の元に向かったキュアソード
キュアソード「王国は蘇るわ。あたし達が希望を捨てない限り!」
そしてシャルル達を追うかのように、キュアソードは王女様を連れて鏡の扉に飛び込むが、そこをベールが追撃
王女はキュアソードを逃がして、自らベールの追撃を体を張って?止めた


歌しか残ってなかった真琴は歌を歌う事により王女様を探す事に。
あの方ってのは王女様だったんですね。てっきり”ジョー岡田”が案外あの方だと思ってたんですが
王女が出てきて、王子が出てこなかったし、案外ジョー岡田はトランプ王国の王子だったりするのかね


大量のカエルジコチューが出現して追いかけてくる
追いかけられてる時に、通路が壊れてる所を飛び越えるのに、マナ、六花、アリスは飛び越えたけど
運悪く真琴だけは飛ぶ直前に足元が崩れ、飛べずに下に落ちそうになり、それを受け止めたマナ
真琴「あたしの事はほっといて、あなただけでも逃げなさい」

これは回想の真琴が逆の立場になった。
マナ「友達を助けるのに、理由なんて必要?」
いえいえ、そんな事はありませんよ

六花とアリスも手を貸し一緒に引き揚げ
前回のオムライスに続いて、今回も全員でやりとげた。救出するという事でも4人が協力してね


宮殿に向かうマナ一行
7_1_20130318231249.jpg
ジコチューに見つからないように宮殿に向かうマナ達を見てたら、何だかRPGっぽさがありました
宮殿に着いたら、マナ達の世界とトランプ王国を繋ぐ魔法の鏡を担いでいた

ベール「あいにくだが、ゲームオーバーだ」
と言って目の前で担いでいた鏡を離し、倒れた衝撃で割れた
6_1_20130318231249.jpg
世界を繋ぐ最後の望みの鏡が割れ落胆する真琴、やってやったぞと言わんばかりに笑うベール、ベールに続いてマナも笑う
マナ「あたし達はあなたの力でトランプ王国に送り込まれた。それはあなたに自由に時空を行き来できる能力がある証拠!」
マナは心が折れない。どんなピンチになっても絶望なんてせずに前向き。

こういうリーダー感あるのは久しぶりですね
これからも他の3人を引っ張っていく存在になっていってほしい


ベールの上にシャンデリアを落として妖精登場・合流。変身
10_1_20130318231303.jpg
今回から変身はNS2と同じ、4分割の変身バンクに変わった。


戦闘
まずはキュアハートの空中からのパンチ→ベール「何だその拳は。ハエが止まるぞ?」ベール余裕の回避
キュアソードの蹴り→片手で受け止め。ベール「お前の蹴りはかるい」
ベールのエネルギー弾→キュアロゼッタのロゼッタウォール→弾き飛ばされる。ベール「どうした?もう終わりか?」

さすがに現段階での最高幹部、強い。
けど、キュアダイヤモンドの提案で一人一人バラバラじゃなく、みんなの思いを一つにして

キュアソードのホーリーソード→後ろの鏡に反射→ベールを直撃。ベール「なにっ!?」
ベールが着地したとこに、キュアダイヤモンドのトゥインクルダイヤモンドでベールの下半身を氷漬け
止めはマイスイートハートで勝っちゃった。

ベールはプリキュアが1000人くらいにならないと本気出さないそうだから、たった4人相手に本気になりませんでした。


プリキュア4人は
ベール「逃がすものか・・・」
8_1_20130318231304.jpg
キュアソード「逃げるんじゃない。あたし達は必ずここへ帰ってくる。王女様と一緒に必ずトランプ王国を蘇らせてみせる。」
と言い残し、残った鏡の破片で元の世界へ帰還

この上の文を書きながら、宇宙戦艦ヤマトを聴きながら書いてしまいました。


元の世界へ戻って王女様を探す決意を固め
9_1_20130318231304.jpg
ドキドキ!プリキュアのチームが本格的に一つとなった。


トランプ王国の現状、キュアソードの過去、ベールとの初戦闘、チーム結成、これからのプリキュアの目的等
いろいろ詰め込んでるのに無駄が無いですね
ドキドキ!プリキュアの話が進んで、どれかを見直したくなるとしたら、間違いなくこの7話が入るのは確実
今現在は2回観てます。

ここまで本編で面白かったのは久しぶりでした。
あえて言うなら、スイートプリキュアの34話~36話。キュアミューズVSメフィスト前後以来かもしれない

しばらくは日常編のようですし、こっちにも期待
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
太陽熱発電のメリット・デメリット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。