1. 無料レンタル
デビの不規則な日記
ゲームのプレイ日記などをメインに、実際は誰得?な事をひたすら書いていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プリキュアオールスターズNS2を観てきました
初の最速上映でプリキュアオールスターズNS2を観てきました

NS2は妖精学校に通う、グレルとエンエンが中心のストーリー
DXはプリキュア中心だったけど、NSはゲストメインという事かな
NS3もやれば同じく誰かゲスト追加で、そのゲストがメインストーリーに絡んでくるであろうと読める

それにしてもタルトが妖精学校で、エライ立場だったのが判明
プリキュアの妖精だって選ばれた者だけなんだから。
妖精も選ばれた存在だったってのは忘れてましたが
世代交代なのか、もうココとナッツの出番は全くなかった。


今度の敵はグレルの影で、強さはあまり強いわけではなかった
でも好きなだけ分身出来るし厄介ではある
分身しても、いわゆるボスではなく雑魚敵でしかない
最期は巨大化で貯め→波動砲でしたが
教科書さえ無ければ、巨大化前に倒せそうな相手ではあった


戦闘シーン等
なぎさとほのか、ひかりにも少しセリフがありました
ドキドキ、スマイルを除けば一番セリフ多かったし、出番も多かった
戦闘シーンも結構出番が回ってくる事が多かったです。
その次にハートキャッチのつぼみとえりかの2人

スプラッシュスターの2人でどうしたんだっけ?光を出して飛んでて・・・ビシッと決まったカットはあったけど
5はプリキュア5だー!。という声と共にドリームの一撃。NSは5の活躍はとことんない
それとタルトが妖精学校で出した1問目の問題で、NS1OPのキュアドリームを出したのはタルト良くやった。


フレッシュはパッションだけセリフ有り、戦闘シーンパッション以外は無言で攻撃したり回避したり
スイートもビート一人だけ。ビートとパッションは元は敵だったという共通点が大事だったので。
ハミィの口が×で塞がれてるのを見ると、これハミィ絶対塞がれて喜んでるだろうと思ってしまった。
嫌そうな顔を一切してなかった。まあハミィらしいかな


スマイルは、本編ではなくNS1のスマイル5人組を引き継いだ感じ
本編活躍場面がほとんど無かったマーチの暴走やら、れいかさんの曲者!とか、みゆきの主人公っぽさも

ドキドキは、本編じゃまだ無い一気に4人変身バンク
おそらく明日のプリキュアから、同じバンクが流れるんだろうけれどもそこは映画が先行
全員変身後の名乗りも同じく先行
ピンチと呼ばれてやってきたけど、まだ誕生したばかりのプリキュアで教科書に載ってないという事で影が苦戦
ほとんど互角で戦えるドキドキメンバーだったけど、映画でもソードは少し上に感じとれた。

後はスマイルとドキドキの連携必殺
でもマーチは単独で。
ラストはもちろん全員で必殺VS影の超魔口砲的な技のぶつかり合い
歴代プリキュアは全CG化



NS2は先にも書きましたが、メインはグレルとエンエンの2匹の物語
この2匹(主にグレル)が過ちを犯してしまって、ピンチになりどうするかが語られるのがメインなので
戦闘シーンはそれ程割合多くはありません。
この間まで現役だったスイートですらもう出番がほとんど無いという・・・5が駄目ならスイートならと思ってましたが

一回観ただけだと10段階で
期待値:7
視聴後:5
くらいです。
そろそろオールスターズという名の映画でやるには、本格的に限界が見えてしまう
出ないキャラは画面にほとんど映る事も無いし

取り合えずプリキュアは一回目よりも二回目に観る方が余裕があって楽しめたりするので
2回目の視聴ではこの"5"というのは、変動する可能性があります。


ラストに映画を観に行った記念
006_1_20130316041046.jpg
キュアダイヤモンドだけ、何故か下に下がってるのが気になる・・・
関連記事

テーマ:プリキュア - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
太陽熱発電のメリット・デメリット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。